時は、サウナ戦国時代。

「サ活」、「サ道」、「ととのい」…
皆さんはこんな言葉を聞いたことがあるだろうか?
いずれもサウナにまつわる言葉であり、
いわゆるサウナ用語はどんどん世間に浸透してきている。

この記事を読み進める前に、
まずはサウナに対するあなたのイメージを思い浮かべていただきたい。

. . .

画像掲載元:https://www.tv-tokyo.co.jp/sa_una37/dvd/

こんな感じだろうか…?

確かに世のサウナは男性専用サウナがメインであり、
おじさんがメインターゲット層であることは間違いない。

「サウナ=おじさんの憩いの場」というイメージ。

しかしその流れも変わろうとしている。

サウナは、「ハイエンド層の嗜みどころ」
「イマドキ女子の美容空間」である

そもそもサウナはフィンランド発祥。もうこの時点でオシャレ。
北欧家具がオシャレなイメージなので、もうオシャレ。

いや〜、オシャレ

そしてリーズナブルな価格設定に反して、サウナー (*1) には、
経営者、医者、芸能人、外資系企業勤務のエリートなどイケイケ層が多い。

*1. サウナー: サウナを愛し、サウナ浴を日常的に楽しんでいる愛好家の方々のこと。
出典:https://saunatime.jp/sauna-wiki/

サウナで商談が始まることもあれば、事業アイディアが閃くこともある。
ビジネスエリートがサウナに通い詰める医学的根拠について、
忙しい人はこちらの動画を見ていただけると概要は掴めるが、
【本要約】医者が教えるサウナの教科書(著;加藤容崇 氏)https://www.youtube.com/embed/8I45UCqtkPg

詳しくは、日本サウナ学会代表理事である加藤容崇さんの「医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか? 」を読了いただきたい。

そしてそして、女性や若者からの支持も根強い。

北欧感満載の愛知県は栄にある「SaunaLab」、

画像掲載元:https://saunalab.jp/about/

女子会だって出来ちゃう東京都は新宿にある「東京新宿天然温泉テルマー湯」、

画像掲載元:http://thermae-yu.jp/bar/

アウトドアサウナが楽しめる長野県は白馬村にある「Hakuba Mountain Beach

画像掲載元:https://www.nsd-hakuba.jp/hakuba-mountain-beach/hmb/

などなど、全国津々浦々、
今やサウナは女性や若者が楽しめるエンターテイメント施設となっている。

ぴえん…。

人気の理由は、そのエンターテイメント性だけではない。
サウナに入ると血流が良くなり、胃腸の働きが活発になる。
活発化した血流は体全体に栄養を届け、老廃物を排出してくれるため、お通じが良くなる。
さらに、実はサウナでは、人はかなり体力を消費しているため、浴後の快眠効果が高い。

つまるところ、美容効果が高く、美肌になるというわけだ。

もはや、ぴえん超えてぱおんである。(謎)

さらにさらに、サウナそのものだけではなく、
すんごいオシャレなアパレルブランドすらある。
TTNE PRO SAUNNER

画像掲載元:https://www.ttne.shop/

なんせ創業者はあの「サウナ師匠」。
「ULTRA JAPAN」や「東京ガールズコレクション」の
プロデュースに携わった秋山大輔さんでございますから…。

人類の歴史を振り返っても、これまでにない空前絶後のサウナブームと言えるだろう。

サウナは、With コロナ時代における
「最強のおでかけ先」である

「サウナなんて、密 of the 密 じゃないか」と思われるかもしれないが、
コロナウイルスは、70℃の空気中で5分間経過すると感染性を失うことが一流の医学雑誌『The Lancet』で報告されている。無論、感染対策を講じたサウナに行き、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、私語を慎みながら楽しむことは忘れないでいただきたい。

そして、幸か不幸か、
コロナが変えた時間と場所にとらわれない働き方が、サウナを変えた場面もある。

大体のサウナには休憩スペースがあるが、
明らかにビジネスパーソンがテレワークしている様子が増えてきている。
家だと誘惑が多かったり、カフェだとゆっくり出来ないと感じる方には、
サウナというワークスペースは最高に感じることだろう。
特に経営企画、コンサルティング業務など手を動かすというよりも
中身を考えることに重きをおいたワークスタイルの方々にとっては、
仕事で疲れた体に、サウナの神様が「ととのい」と「閃き」を与えてくれることだろう。

ちなみにテレワークであれば、
個人的なオススメはダントツで平日に行く「Spa LaQua」だ。

画像掲載元:https://www.laqua.jp/spa/facilities/

その広々とした空間・綺麗な内装・豊富なサウナから、
男女ともに根強い人気を誇る東京ドームシティにある Spa LaQua。
席数に限りはあるが、コンセント、WiFiも完備であり、ソファスペースで軽い打ち合わせも行える。
(テレビ会議中に館内アナウンスが流れる可能性があるため、こっそり行く方は、そこだけ気をつけていただきたい…。)

CHARTA WALKで、ホームサウナを見つけよう

CHARTA WALK 編集部では、
サウナはちょっと気になるけど一歩踏み出せない人から、
こんなの知ってるに決まってるだろと思われたディープなサウナーまで、
幅広いニーズにお応えしたサウナ記事を連載していく。

CHARTA WALK では、老若男女、みんなが楽しめるお出かけ先を多数掲載しているが、
実は異常なまでにサウナ情報も掲載されていることをご存知だろうか?

在宅ワークで心身共に疲れ切った体を癒やすために、
現在地からお近くのサウナを探して、ふらっとお出かけしてみるのも乙なものです。
きっとステキな出会いをあなたを待っていることでしょう。

さぁ、CHARTA WALK であなたにぴったりのサウナを探しましょう!

β版CHARTA WALKはこちら https://walk.charta.jp/map

CHARTA WALK公式サイト https://charta.jp/walk

コメントを残す